外気熱遮熱材  トップヒートバリヤー

      

もし、この世の中に、このようなものがあれば
何かに利用できると思いませんか。

 

それは
建物の周りにはると室内が外気熱から守られます。
それと同時に室内でエアコンを使った場合、
その暖まった又は冷やしたものが外に逃げない性質もあります。

 

つまり、魔法瓶の性質をもつのです。

 

また外熱を遮断し、熱気および冷気が逃げないことは、
エコにもつながりますね!

 

もし、ご関心あれば、いつでも、お問い合わせくださいませ!

 

お問い合わせはこちらをクリック


このようなところにオススメです。

       ●外部からの冷気が侵入して寒いところ。

       ●外部からの熱が伝わり、夏に室内温度が上がってしまうところ。

       ●室内で使用するエアコンのききが悪く、電気代が無駄になるところ。



〔1〕トップヒートバリヤーとは何か

               ①高性能な遮熱シートです。

               ②299%の高純度アルミニウムを使用していて、建物内を移動する

                 熱の大半を占める「輻射熱」の98%を反射し、その性能が

                 評価されています。

 

 


〔2〕商品群

                ①THB-M

 

                    木造用
                    0.2㎜厚 5層構造
                    1,900円/㎡

 

 

                 ②THB-X

                        鉄骨用
                       AYAS工法用
                       0.2㎜厚 7層構造
                       2,300円/㎡

 

                   ③THB-FX

                       不燃用
                       AYAS工法用
                       0.2㎜厚 7層構造

 

(別途送料)
※他にも厚さ20㎜まで豊富に種類あり

 


〔3〕ここがちがう

            ①屋外でも使用可。
            ②結露に強い
                  ・通常、冬場、内外で温度差が違うと外気温によって冷やされ、
                     窓や壁に結露が発生するが、外の熱を遮熱しているので、
                     結露が発生しにくいメリットがある。
            ③断熱材と比べて熱を通しにくい。つまりカットする熱量が違う。
             ④室内温度が高くても暑さを感じにくいので、エアコン効率がよくなる。
            ⑤その他の工法でATIS工法もあり、室内温度を9.2℃低下させる。

    

              ここで一言
                  熱の移動
                       ①伝導熱・・・・物体を構成している分子運動の熱が、接触している
                                 る分子に伝わる熱移動のこと
                       ②対流熱・・・・ある空間の温度が均一になるように、上下に熱が
                                移動すること
                       ③輻射熱・・・・一直線に進む放射熱
                                 ※他の物質に当たると熱を発する。

 

                  遮熱とは
                     ・熱をさえぎることで、外側からの輻射熱は外側に
                     内側からの輻射熱は内側に反射させて熱の移動をなくす。

                                                     

                     ・建物の周囲をトップヒートバリアーで囲むと上記のようになる。

 

                   結露とは
                        ①表面結露
                        ②壁体内結露


〔4〕以外に使われるところ

             ①農家の温室
             ②家畜(牛、馬、豚)がいるところ
             ③養鶏場


〔5〕購入までのながれ

             ①遮熱したい場所を決定
             ②弊社と打合せ
             ③その場所に取り付けるのが適正であるか調査
             ④工事方法を打合せ


 〔6〕有効な使い方
              ①天井と床に貼ると、室内の温度差が減少する。
              ②断熱材と併用し、遮熱材は外側に設置する。


〔7〕施工後の状況
             ①木造住宅で天井と床に設置
                  ■窓の構造・・・・すべて二重サッシ
                  ■施工前の温度・・・・天井21℃ 床14℃
                  ■結露・・・・二重サッシの内側に結露あり

 

                  効果
                     ・天井の温度は21℃で変わらないが、床の温度は19℃
                         になり、上下の温度差が2℃になった。
                      ・サッシの内側に結露ああったが無くなった。
                      ・デマント値が低下する。(基本料金が下がる。)

 

              ②大型建物の天井に設置
              ■断熱材使用

 

               効果
                 ・遮熱材と断熱材が接触することで、屋根からの熱は
                 侵入しにくい。
                 ・室内の保温効果が大
                 ・ドア密閉時・・・電力削減30~60%
                 ドア開放時・・・電力削減10~30%
                 ・デマント値が低下する。

 

                   ※デマント値とは
                  ・最大重要電力
                  ・1年間の使用量を30分ごとに分割した17520回の平均使用電力
                  ・過去12か月間の最大デマントが基本料金の契約電力
                  ・真夏と真冬が使用量のピーク

 

                  ③大型建物の全周遮熱施工
                       ■完全密封

 

                       効果
                        ・電力削減100%
                           建物内外の熱の出入りをなくす。
                           場のエアコンは不要